嵐の櫻井翔くんが慶應大学出身なのは、有名ですよね。仲の良い『嵐』ですから、他のメンバーの出身校も調べてみました。

ざっと、出身校とその偏差値を並べますと・・

大野智  東海大学付属望星高等学校中退 偏差値 情報なし

相葉雅紀 東海大学付属望星高等学校卒業 偏差値 同上

櫻井翔  慶應義塾大学経済学部卒業 
  偏差値はいろいろデータがあるのですが66.5
  ちなみに高校からだと2013年受験資料では偏差値73です。わーお。

二宮和也 立志舎高等学校卒業 偏差値36
 (44程度と言っているサイトもあり)

松本潤  堀越高等学校 偏差値44

さすがに、櫻井くんの学校の偏差値は突出していますね。


さて、大野智くんは、東海大学付属望星高等学校(とうかいだいがくふぞく ぼうせいこうとうがっこう)を中退しています。
入学3日目の朝に校門前で引き返し、それ以来行かず、結局中退したそうです。

嵐になってから、この高校中退の事を、
「どっちつかずに逃げれるのが嫌だった。学校行ってたから出来ませんとか、Jr.やってるから学校行けませんとか」と話していたそうです。
ダンスや歌を納得いくまでやっていくには、高校生活が邪魔だったのかもしれませんね。

そして、この高校中退話はネタになっていて、

「告白された事は?」と質問されると
「小学校は?」
「無い!」
「中学校は?」
「無い!」
「高校は!」
「行ってない!」

というお約束になっていたそうです。
今でもやっているのかな。

話は逸れますが、大野くんが、お互いに「親友」呼び合っているジャニーズJr.の
Musical Academy、町田慎吾くんもこの高校を中退しているのですが、彼も同じように入学3日目の朝に校門前で引き返した組らしいです。
大野くんと2人で一緒に引き返したかどうかはわかりません。

町田くんが「高校を卒業しよう!」という考えだったら、もしかしたら、大野くんは高校に留まる気になったかも知れませんね。
似た者同士なのかな・・・だから親友と呼び合っているんでしょうね。

さて、この高校は、通信制の老舗高校で、東京FM(前身は、1960年5月1日東海大学が通信教育用に開局を許されてFM東海)とインターネットによる自宅学習中心の「通信制」と、大学のように授業を選べる単位制の「平日通学コース」があり
榮倉奈々さんが卒業。KinKi Kidsの堂本光一くんは5年かけて卒業したそうです。

学年は違えど、同じ高校に属していた相葉くんは、「高校にはあんまり友だちがいなかったから、友だちって言うと中学の友だち」と言っています。
まあ、そうでしょうねえ。仕事も忙しかったでしょうし。
でも、相葉くんは仕事と勉強を両立する道を選んで、卒業したのですから、根性ありますよね。

そして、根性があると言えば、この人、櫻井くんです。

ジャニーズ初の慶応大生として、学業と仕事を両立させ卒業しました。

幼稚舎からエスカレーター式で上がってきたとはいえ、ジャニーズJr.だった高校時代は「あんなことやってるから成績が落ちるんだ」と言われたくなくて、熱があっても、前日どんなに仕事が遅くなっても、無遅刻無欠席で通し、デビュー後はテレビ収録で地方に行った後も、日帰りで東京に舞い戻り、翌日の試験を受けるといったハードな日々を過ごしていたとか。

と、レポートされています。

「大学1、2年の頃は月曜から土曜まで毎日学校に行ってた。体育会のヤツから『オマエ毎日来てるなあ』って感心された。『あんまり大きな声で言うなよ。仕事ないみたいじゃん』って(笑)」

と櫻井くん自身も語っています。今でもその時の友だちとは、かなり強い絆で結ばれているようですね。

そういえば、フジテレビアナウンサーの斉藤舞子さんが、慶應・経済学部の同級生なんですよね。
以前「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに櫻井くんが出た時、テレフォンアナウンサーが斉藤さんだったことがあります。
櫻井くんは、「同級生なんですよ。斉藤は教授との面談の時に、カラスの鳴きまねとかやったんですよ。大丈夫なのか・・」というようなことを言っていたのを覚えています。
その時は、アイドルとしての顔ではなく同級生としての顔になっていて、男っぽかったので、驚いた印象があります。懐かしいなあ。

そして、四番手は、二宮和也くんの出身校、立志舎高等学校(りっししゃこうとうがっこう)は、東京都墨田区にある私立の高等学校です。

にのは、土曜日のみ登校の通信制を卒業しました。卒業生には、元モー娘。の吉澤ひとみさんがいます。
今は主夫になって子育てに邁進していると噂されている赤西仁くんは中退したそうです。

以前ラジオで、

「あわよくば行きたくなかった」
「しかし合格したため、行かざるを得なくなってしまった」

と高校について語っていたそうです。

なんとなく、その時の’にの’の心境を想像できますね。

最後は、松本潤くん。
堀越高等学校(ほりこしこうとうがっこう)卒業。

この学校は、芸能人御用達学校として、一番有名な学校ではないでしょうか。

同級生として有名な中村七之助さんとの2004年の雑誌対談の中のには、高校時代の2人の『関係』について述べられています。

1つ目は、高校1年の時に家が近かったので、毎朝一緒に登校し、松潤が毎朝、七之助さんにモーニングコールをしていた。わーお。

2つ目は、2001年の『金田一少年の事件簿』の撮影のときは、現場から直接行って、中村家で勉強してそのまま学校行っていた。中村家に松潤の着替えが置いてあった。わお、わーお。

3つ目は、毎週末中村家に泊まりに行って、クリスマスも2年連続で一緒に過ごした。ここまでーーーえ?!

こんなに密接に親しかったのだから、七之助さんが「学校を辞めたい」と言った時、思いとどまらせたのも納得ですね。
それにしても、中村家と家が近かったというのですから、松潤のご実家もかなりのセレブなんでしょうか?
気になりますね。

それぞれの多感な時代を過ごした嵐のメンバーですが、今は学歴に関係なく活躍しているので、そんなバランスも『嵐』というグループの魅力なのでしょうね。